> 相続税はどんな時にかかるのか?

 

【相続税は、 どのような場合に かかるのか?】

 

財産を相続したときの税金で、亡くなった人から各相続人等が相続や遺贈などにより、取得した財産の価額の合計額が基礎控除額を超える場合に、相続税の課税対象となります。

なお、基礎控除の額は3000万円+(600万円×法定相続人の数)となります。

 

<全ての相続や遺贈が課税対象となるわけではありません>

 非課税財産

  1、墓所、仏壇、祭具など

  2、国や地方公共団体、特定の公益法人に寄附した財産

  3、生命保険金のうち次の額まで

      500万円×法定相続人の数

  4、死亡退職金のうち次の額まで

      500万円×法定相続人の数

 

 

 (2019年2月記載)

 

トピックスに戻る

 

 

(注)当ホームページに記載しております情報の正確性については万全を期しておりますが、 これらの情報に基づき利用者自らが税務申告や各種手続きをされた場合の税務上その他 一切の法律上の責任は保障することはできません。ご了承ください。