> 空き家3000万控除で老人ホーム入居時の証明書類

 

空き家3000万控除で老人ホーム入居時の証明書類

 空き家3000万控除は、相続により空き家になった不動産を相続人が譲渡した場合に3000万円の所得控除を受けられるものです。

要件の1つとして相続直前まで被相続人が1人で住んでいたことというのがあります。

それが平成31年の改正により、被相続人が要介護認定等を受け老人ホーム等に入居していた場合(一定要件を満たした場合に限ります)も適用が可能になりました。

その際、確定申告書に添付書類が必要となります。

平成31年4月1日以後の譲渡が対象です。

 

 

  (2019年9月記載)

 

トピックスに戻る

 

 

(注)当ホームページに記載しております情報の正確性については万全を期しておりますが、 これらの情報に基づき利用者自らが税務申告や各種手続きをされた場合の税務上その他 一切の法律上の責任は保障することはできません。ご了承ください。